スプレーアート

スプレーアートとは

 

スプレーアートとは、缶のスプレーを使って絵を描くアート技法です。

様々な道具を使ったテクニックによって、惑星・ピラミッド・木・ビル・海などリアルに表現します。

 

y201401.jpg

 

油絵やアクリルで筆を使って描く元来のアート技法ではなく、日用大工で使う缶のスプレーを
紙や板に直接吹き付けて幻想的かつダイナミックな絵を描くきます。

 

スプレーアートの3ポイント

 

スプレーアートには下記のような3つの解釈があります。

 

3bp1.jpg

 

海外へ行くと、イベントや路上などで絵を描いているパフォーマンスを見ることがあります。

アートの最先端であるアメリカでは展示会や開催されおり、芸術的な絵として認知されています。

 

これらは一般に、ライブペインティングパフォーマンスとも呼ばれます。

また、アメリカでは大きな壁や板をキャンバスとして圧倒的なインパクトのある絵を描かれており、広告看板や芸術作品として飾られるアートとして知られています。

 

スプレーアートの世界は奥深く、描く者も観る者も心から楽しめるアートです。

スプレーアートライブペインティングパフォーマンス

 

 

 

スプレーアートの歴史

 

スプレーアートの発祥の地であるアメリカを始め、世界中に多くのスプレーアーティストが存在しています。

彼らの多くはストリート(路上)でスプレーアート・パフォーマンスを行い、街歩く人の足を止めます。

創造者の個性・思考が反映されるスプレーアートには、制作過程や完成品に非常に魅力を感じられ、多くの人に感動を与えています。

 

●日本スプレーアート協会 代表 スプレーアートアーティスト YOSHI オフィシャルサイト