歯の状態が悪いなら歯医者へ行くべき

歯の状態が少しでも悪いと感じた場合には、我慢をしないで直ぐに歯医者に行きましょう。そのままにしてギリギリまで我慢をしてしまいますと、簡単な治療で済んだはずのものが大掛かりな手術になる可能性がありますので注意が必要です。

歯医者で行われている治療とは

診察室

歯周病治療

プラークが溜まることで出来てしまう歯周病は、その中に潜んでいるばい菌が原因となり、炎症を起こすリスクがあります。歯肉炎をそのままにしておきますと歯周病となり、どんどんと骨が無くなってしまいますので注意が必要です。歯周病を防ぐには毎日のケアと定期的な通院が重要となるでしょう。

虫歯の治療

虫歯には進行度というものがあり、軽度であれば簡単な治療で治すことが出来ますが、重症になると最悪の場合歯を抜かなくてはいけないなどの治療が必要となります。軽度の場合は痛みが無いことが殆どですので、定期的に歯を見てもらう習慣を付けると良いでしょう。

インプラント治療

歯の無いところに人工の歯を埋め込む事で歯を作り出すインプラントは、入れ歯とは異なり自分の歯でモノを食べたり話す事が出来たりする感覚を取り戻すことが出来ます。但し、インプラント治療は非常に治療期間が長いので、事前によく医師と相談をして治療方針を決めると良いでしょう。

歯並びが悪い人は矯正歯科へ!

歯並びが悪い人は、見た目だけではなく虫歯や歯周病になりやすいというデメリットがあります。また、締まりの無い口元は表情がだらしなく見えてしまったり、顔のバランスが崩れてしまったりするなどの審美性にも大きな影響を与えるため、矯正歯科に行って治療を行うことをおすすめします。

違うの?一般歯科と矯正歯科の違い

幅広く対応してくれる

一般歯科は虫歯や歯周病、親知らずなどの幅広い「お口の病気」に対応しているという特徴があります。そのため、ちょっと歯が痛いかもしれないと感じたり、定期的にお口の状態をチェックして欲しかったりするといった場合には一般歯科がおすすめです。

歯の矯正に特化している

矯正歯科はその名の通り、歯の矯正に特化している歯科医院であり、矯正医が常駐しているという特徴があります。また、矯正に関する実績も多くあるため、安心して矯正治療を受けることが出来るというメリットがあります。

歯の健康を目指して積極的に歯医者を活用しよう!

男女

抜歯した場合はどうすればいい?インプラントに注目

虫歯を放置したままこじらせてしまいますと、最終的には抜歯をしなくてはいけない可能性が出てきます。また、抜歯をした後に何もしないでいますと、様々な歯のトラブルが起こるリスクが高くなりますので、必ずインプラントを埋め込むなどして対策を立てる必要があります。特に奥歯などは、歯を失くしたからといって不自由を感じる人はあまりいませんし、目立たないからそのままにしてしまいがちですが、歯は全て揃っていることで健康な状態を保てることを知っておきましょう。

埼玉で矯正歯科治療を受けよう